安心でおいしい果物をお届け

目野果実直売所は安心で美味しい果物を1年を通じてお届けしています。 果物は傷みやすいものも多くそのため多くの生産農家では薬剤を使用しておりますが、当店で提供させていただいている果物は薬剤をあまり使用しない、”いわゆる手のかかる”生産農家さんからおいしい果物を仕入れてお届けしています。そのため生産農家さんの農園にお邪魔し、どうやって育てていらっしゃるのか?お聞きして生産農家さんのお話を聞きそして味見をして確かなものを選んでいます。 果物は旬のものですし、気候によっても生産量、味が大きく左右されるものになりますので季節によっては思ったほどの果物が収穫できない場合もございます。多くの果物店では店頭の品揃えを確保するために生産方法よりも量と価格を優先しますが、当店では安心して食べられる生産農家さんから美味しい果物のみを仕入れるために、納得できない場合は仕入れてきません。そのため日によっては店頭の品揃えが少ない場合もございます。 それでも消費者の皆様に”安心して美味しく食べられる”果物を提供するために続けているこだわりのひとつです。 ご要望にお応えできない場合もございますがなにとぞご理解いただければと思います。

荒尾のジャンボ梨

荒尾ジャンボ梨の産地であるここ熊本県荒尾市は、熊本県北西部に位置し、かつては三井三池炭鉱の1つとして明治から昭和にかけての100年間、大変栄えた歴史を持ちます。荒尾ジャンボ梨としてのブランドが確立したのはこの頃と言われており、当時、全国各地から炭鉱へ集まった人々が、遠く離れた故郷へ梨を送ったことに由来します。今まで見たこともない大きな果実と見た目からは想像できない繊細な味わいと強い甘みは荒尾ジャンボ梨の特徴です。元々、有明海に面するここ荒尾市は豊かな水源と穏やかな気候、農業に最適な環境が揃っていたため、どんな作物でも上質な物を生産することができました。これも荒尾ブランドの確立に一役買っていたのかもしれません。誕生から100年たった今でも、ここ荒尾市で作られた作物の中でも特に梨は、全国でもトップレベルの味を誇ります。

糖度も抜群の荒尾梨

一般的に言われている果物の糖度は、 いちご:8~9度 スイカ:9~13度 温州みかん:11~13度 豊水・幸水梨:11~12度 メロン:13~18度 柿:14~18度 となりますが、荒尾市のジャンボ梨は14~15度。メロンや柿に匹敵するほどの甘さを誇ります。ただ大きいだけでなく、濃厚な甘さも同時に楽しめる唯一の梨です。

自家農園の荒尾梨をお届け

荒尾梨(通称:ジャンボ梨)はその重量は、一般的な梨の2~3倍で、とにかく大きく、小さい子供の頭くらいの大きさがあります。熊本県荒尾市で生まれた荒尾ジャンボ梨は、誕生から100年以上もの長い間愛され続けてきた歴史あるブランドです。ジャンボ梨の生産は他の地でも行われていますが、ここ荒尾が発祥の地であることと同時に、梨作りに適した環境の荒尾市で作られたジャンボ梨は特に美味しい事が知られていて、シーズン中は荒尾市が大変にぎわいます。まさにジャンボの名前に恥じない荒尾ジャンボ梨は、普段見ることのできないビックサイズの梨ですので、インパクト十分で贈答にも喜ばれています。 当店では自家農園で栽培した荒尾梨をお届けしています。是非ご賞味ください。